ロードバイクをはじめてみたい話 調べて見えてきたバイクをえらぶ基準

ロードバイクをはじめてみたい話 調べて見えてきたバイクをえらぶ基準

こんにちは。BOSSです。

ここ何ヶ月かの話なんですが、新しい趣味にロードバイクをやってみたいなーって思っていまして

一つの理由が知り合いが乗っているからで、本当に楽しそうなんですよね。

ところが欲しいと思っても実際のところ

どんな風に選ぶの?どれくらいの値段がするの?
っていうかコンポーネントってなに??

みたいな感じだったので、自転車屋さんに行って色々聞いてきました。

その中でなんとなく見えてきたロードバイク初心者がバイクを選ぶ際の基準、そして価格帯

なにより気になったバイクを何台か紹介してみたいと思います。

ロードバイク初心者が選ぶべき価格帯

妥協するとその分絶対高くつく

ロードバイクは基本的には高い買い物です。

そこでやっぱり私も一番気になったのが価格。価格といってもこういう趣味の世界って上を見だしたらキリがないんですよね。

じゃあどの程度の価格帯からスタートするべきなのか。
実はここで私がカメラを買った時の教訓が活きてきました。それは

「下手に妥協して安いの買うと結局高くつく」

カメラの世界もなかなかお金がかかる趣味で、ある種共通する部分があるんですけれども

もう一年も使ってると一番最初に妥協した部分がどうしても我慢できなくなってくるんですよ。
そうしてじゃあ次はもう1個2個上のグレードを・・・

っていうのを繰り返して沼に浸かっていきます。

それはそれである意味楽しいのですが笑

でも本当にお金のことを考えるなら最初からある程度お金を出してしまう方が趣味としては一番コストは抑えられると思っています。

20万円弱のロードバイクが入門の基準

そういうことを念頭に入れつつ、店頭に並ぶ自転車をみながら店員さんの話を伺っていました。

そうしてわかったことですがロードバイクには大きく以下の3種類の材質があります。

  • カーボン製

  • アルミ製

  • 鉄鋼製(クロモリ)

一番大きく関わるのが車体重量で、カーボンが一番軽く次いでアルミ、クロモリと続きます。

そして価格一番影響が出るのがこの重量で、カーボンが一番高く価格としても30万円程度。

次いでアルミ製ですが、価格帯としてはかなり広く10万円切るところから25万円程度までと非常に豊富です。

と、いうわけでロードバイク初心者のためのエントリーモデルとしてはアルミ製のロードバイクから選んでいくのが一つの基準と言えますね。

そこで、先ほどの「妥協すると高くつく」を思い出すと、10万円前後のバイクっていうのはそれだけ安い理由があります。
一つはコンポーネントの違いですが、そのあたりの詳しい解説は他のサイトでされているので割愛します。

まぁなんにせよ
バイク全体の剛性だったり、細かいところの重量だったり。どこか妥協しないとその価格にはなかなかなりません。

なので色々教えてもらった結果私の結論としては

ロードバイク初心者が選ぶべきは

15万円以上20万円以下

となります。具体的にはこの価格帯だと

アルミ製バイク+Shimano 105コンポーネント
あるいは
カーボン製バイク+メインShimano 105コンポーネント(一部コンポグレードダウン)
が一つの基準になると言えます。

以下、私が気になったバイクをいくつか紹介して見たいと思います。

ロードバイク初心者が気になったバイク

IZALCO RACE AL 105 MIX(2018年モデル)

FOCUS IZALCO RACE AL 105 MIX 2018

IZALCO RACE AL 105 MIX | Focus - Bikes

まずはFOCUSから2018年モデルのIZALCO RACE AL 105 MIXです。
一番目を引いたのがカラーリング。

マットな黒基調にフォークなどにカラフルなパステルカラーがあしらわれています。

いわゆるガツガツスポーツというだけでなく、街乗りでもおしゃれに乗れそうなかわいい目のバイク。

フレームはアルミ製で、メインのコンポーネントはShimano 105
ただし、部分的に廉価部品が使われて値段が抑えられています。

値段はメーカー希望税抜価格 ¥168,000(税別)

ただし2018年モデルということもあり(現時点では2019年モデルが出ている)型落ちで手に入るかどうかという点があります。

ちなみに、このIZALCO RACE AL 105 MIXの2019年モデルはこちら FOCUS IZALCO RACE AL 105 MIX 2018

FOCUS(フォーカス) IZALCO RACE 6.9 105MIX完成車[2019] | CSカンザキ阪急千里山店

個人的にはカラーリングとしては2018年モデルの方が好きですね。
定価は¥168,000(税別)

SILBEST cycle梅田店さんでは¥154,600(税別)で販売されていたので気になった方は是非。

www.silbest.co.jp

corratec DOLOMITI 105(2019年モデル) (M.BLACK/BLUE)

corratec DOLOMITI 105 2018

corratec DOLOMITI 105

こちらはcorratecのDOLOMITI 105(M.BLACK/BLUE)。 カラーリングは複数あるのですが、私が気になったのはこのM.BLACK/BLUEのカラー。

マットなブラックにcorratecの文字があざやかなブルーで彩られています。
フォークの内側やグリップも同じ青で統一感のあるおしゃれさが気になりました。

素材はアルミ製でコンポーネントはフル105と、今回の記事の内容にバッチリあてはまるエントリーモデルかと思います。

9月に発表されたばかりの2019年モデルですが価格は定価¥158,000(税別)

ちなみにSILBEST cycle梅田店さんでは¥145,400(税別)で販売されていました。
また、同じく梅田にあるウエムラサイクルパーツ 梅田店さんでは¥126,400(税別)と破格の値段でした。

まとめ

というわけで、ロードバイクを始めてみたいと思った私が私なりに調べていって

どういう基準でバイクを選んでいこうかというところをまとめてみました。

その中でいくつかのショップを巡り、店員さんに話を聞きながら気になったバイクが何台か見つかったので紹介してみました。

また次の記事で別のバイクも紹介できたらなと思います。