お寿司をたくさん食べられなくなった話

f:id:wataru_boss:20180604233906p:plain
こんにちは。BOSSです。

先に言うておくとしょうもない雑記です。読む価値はないです。

内容はタイトルの通りです。

先日中学時代からの友人と回転寿司を食べに行きました。

100円の回転寿司といえどお寿司と言えば贅沢みたいなイメージないですか?

だってあの一貫がサイズですもん。無限に食べられます。

100円っていったって無限に食べたらそこそこお値段はりますよ。

そんなわけで、ちょっと贅沢したろくらいの勢いで回転寿司行ったわけですよ。

お酒なしで3000円くらいかなーとか。

で、いろいろ食べて

あー結構食べたなお会計したら

二人で19皿

無限ってなに。しょぼ。

いや、てかね?普通におかしくないですか?つい数年前の中学高校時代って食欲ねーなって時でも20皿は食べてましたよ?

回転寿司の一貫ってあのサイズですよ?せいぜい20個しか食べてない。

なんでもう満足してしまったん?って気分になりました。

もうほんとに衝撃的すぎてツイートまでしてますもん。

そして考えて見たんです。
そりゃね、1人で20から30皿も食べてたら回転寿司っていったってちょっとした贅沢ですよ。

でも、一人10皿前後しか食べられへんとしたら

まぁそうなりますよね。

だって晩ごはんが1000円前後なら普通というか

贅沢感はまったく無くなってしまいました。

お寿司のハードルが下がるのはええなって思います。

でもね、そんなにたくさん食べなくても満足してしまう体になってしまった。そこに寂しさを覚えたんです。

一体どうしてなんでしょうかね。

やはり一番の原因は年齢なんでしょうか。今年23。言うても年齢どうこう言える年ではないと思っていたんですが

体が衰えだしてきてるんやぞって明確なサインを受け取った気がしてくるんです。

あるいは減量のせいでしょうか。
私は実は大学に入って約20キロ痩せたんですよね。減量しました。20キロ落とすダイエット。

その影響も大きいと思います。

とはいえですね。
頑張れば全然人より食べられると思うんですよ。

二郎系のラーメンだって本気出せば2杯はいけると思ってます。やったことないけど。

元がめちゃめちゃ食べる人間だから。その気になれば食べられる。と思う。

けれども、そういうことじゃないんですよね。

頑張らないと食べられないという状況は、いくらでも食べられる状況とは全く違うんですよね。

食べられる限界の絶対値が一緒でも、その時の意識が違う。

自然にいつまでもたくさん食べられる。 そんな体にはなれなさそうだな。そんな風に思って今日は書いて見ました。

えらくしょーもなくてすみません。